屋上緑化、セダム緑化、壁面緑化などの緑化専門サイト【緑化スタイル】セダムのメンテナンスについて

home >> 緑化 >> セダム >> セダムのメンテナンス

緑化スタイルは、緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献、緑を増やして地球環境の向上を目指します。

緑化スタイル・セダムのメンテナンスについて

セダムの種類

薄層屋上緑化も『最低限』のメンテナンスは必要です

健全な植生を維持させる為には、年間3回程度の定期的なメンテナンスが必要です。
確実なメンテナンスを実施するために専門業者とのメンテナンス契約をお勧めします。

今月のセダムメンテナンス

  • メンテナンスの契約金額については、ご相談ください。
  • メンテナンスには水を使用するので、屋上には必ず散水栓を設置してください。
  点検
(建物の管理者が実施)
維持管理作業(メンテナンス契約を推奨)
  植栽域の点検 植栽域周辺部の点検 灌水 除草 施肥 病害虫防除
時期 春・夏・秋 春・夏・秋 乾燥期 春・夏・秋 春・秋 夏・秋
内容 植物の生育状況
雑草の有無
病害虫発生の有無
土壌の飛散・流失
緑化システムの不具合
植栽域内の排水口
その他の異常の有無
・排水ドレン
・排水路(溝)
・防水層の損傷
長期間(10日から2週間)降雨がない場合に灌水を推奨 雑草が種を落とす前に除去することが望ましい 遅効性肥料等の散布、施肥直後の散水を推奨 捕殺・薬剤散布による防除
3月    
4月
5月        
6月    
必要に応じて
7月 猛暑時は日中の灌水は厳禁
8月        
9月  
必要に応じて
10月
11月          
12月            
1月
2月
備考 強風、豪雨、台風の前後には点検を実施してください 環境条件により灌水量や灌水間隔等が異なります 花がらは大量に残っていると病害が発生しやすくなるので、除去をお勧めします 肥料の種類、用法等により年に1回でも可 薬剤の種類、用法等についてはご相談ください

注1)上記の実施時期は、関東〜関西の一般地を標準に設定したものですので、それ以外の地域の実施時期は多少変動いたします。
さらに植栽地の環境条件によっては状況に応じた付加的なメンテナンスが必要となります。詳細はご相談ください。
注2)当標準メンテナンスは現在の知見および経験をもとに作成されていますので、今後の実績や技術革新等により変更されることがあります。

メンテナンスの程度 セダムの状態
しない
(ノーメンテナンス)
やがて衰退(場合によっては消滅)
低管理
(標準メンテナンス)
年間3回程度の低水準管理で緑化を維持しようとするもの。セダムは四季により変化しながら、徐々に環境に合った植生へと代わっていく*。セダムを用いた薄層屋上緑化工法の基本となるメンテナンス方法。
*特定の種類のセダムが繁茂または衰退したり、セダムの大きさや密度が変化すること。セダム以外の植物種が定着することもある。
高管理 芝生と同様に、灌水、除草、刈り込み、施肥等を計画的に行う高水準の管理方法。年間を通じセダムを一定の状態に保つことが要求される場合に実施するメンテナンス方法。

ホームページでは記載できない内容もございます。
セダムのメンテナンスについて、もっと詳しくお知りになりたい方や、ご相談されたい方は下記のバナーをクリックして、問い合わせメールフォームよりお申し込み下さい。

緑化スタイルへのお問い合わせはメールフォーム・お電話(大阪06-6909-6755・東京03-3436-3801)で

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせメールフォームはこちらです。

緑化カタログのダウンロードはこちらです

緑化図面のダウンロードはこちらです。

屋上緑化助成金
個人向け緑化
施工事例

緑化スタイルの運営会社について

運営会社 大日化成株式会社

〒571-0030
大阪府門真市末広町8-13

TEL : 06-6909-6755
FAX : 06-6909-6702
info@ryokka.org

大日化成株式会社
グリーンルーフTV

COPYRIGHT(C)2008 屋上緑化専門サイト、緑化スタイル Altstarr Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
Maintenance by Altstarr Inc.