屋上緑化、セダム緑化、壁面緑化などの緑化専門サイト【緑化スタイル】年間を通じて活躍する屋上緑化

home >> 緑化 >> 屋上緑化 >> 年間を通じて活躍する屋上緑化

屋上緑化など、総合的な緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献する、緑化スタイル。屋上緑化の荷重について

緑化スタイルは、緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献、緑を増やして地球環境の向上を目指します。

年間を通じて活躍する屋上緑化

年間を通じて活躍する屋上緑化

熱を吸収してくれるから家の中も外も快適!

太陽光発電と屋上緑化の比較屋上緑化と対比されるのが「太陽光発電」です。
太陽光発電も屋根の上や屋上に設置することで、
熱が遮断され、室内の温度を下げると言われています。
しかし、その熱の「行き先」が問題です。

緑化層であれば、一端熱を吸収し、土中の水分が
蒸発する際に熱を奪ってくれます。
けれど、太陽光発電パネルは集光した分高熱を持つ為、損傷を防ぐために放熱対策を行っています。

ですので、太陽光発電で室内の温度が下がっても
熱を反射しているだけで外気温はその分
上がってしまいます。
この点でも屋上緑化が優れていると言えます。

周辺へ熱を散らさないので、ヒートアイランド防止の効果が高い

夏は雨水の一時貯蔵でも大活躍!!

水を含む緑化層近年の温暖化で、夏はゲリラ豪雨などで雨水が下水から溢れたり、雨水の流れ込んだ川が氾濫したりという問題が起こっています。
特に都市部ではその危険が年々高くなってきています。
屋上を緑化すると、雨水が一時緑化層に溜まり、
下水に流れ込むまでに時間的な差ができ、
地域の水環境を守ることにつながるのです。
また、下水の処理にも多くのエネルギーを消費
しますが、環境保全先進国のドイツでは、
カッセル市をはじめ、いくつかの自治体で、屋上緑化の
保水効果を算定し、その分の下水道の整備にかかる
税金が減免されるなど、緑化層の「水を蓄える効果」が
重視されています。

ページトップ

冬は寒さ対策に効果があります!

冬は暖かい屋上緑化緑化層は断熱効果があります。
つまり、土の層を屋上にかぶせることで、
家の中を暖かく保つことができるのです。
屋内を保温出来ることで、暖房に必要なエネルギー
使用量を削減でき、ウォームビズにも
一役買う事ができます。
詳しい内容は大日化成と桐蔭横浜大学の共同研究で、
屋上緑化と太陽光発電のエネルギー消費を比較した
室内の熱環境緩和効果ならびに省エネ効果に関する研究」を行いました。

 研究内容の概要ページはこちらです
 研究論文はこちらです

 

ページトップ

緑化スタイルへのお問い合わせはメールフォーム・お電話(大阪06-6909-6755・東京03-3436-3801)で

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせメールフォームはこちらです。

緑化カタログのダウンロードはこちらです

緑化図面のダウンロードはこちらです。

屋上緑化助成金
個人向け緑化
施工事例

緑化スタイルの運営会社について

運営会社 大日化成株式会社

〒571-0030
大阪府門真市末広町8-13

TEL : 06-6909-6755
FAX : 06-6909-6702
info@ryokka.org

大日化成株式会社
グリーンルーフTV

COPYRIGHT(C)2008 屋上緑化専門サイト、緑化スタイル Altstarr Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
Maintenance by Altstarr Inc.