屋上緑化、セダム緑化、壁面緑化などの緑化専門サイト【緑化スタイル】セダムのお手入れについて

home >> 緑化 >> セダム >> セダムのメンテナンス >> 8月「蒸れ防止」「除草・枯れ枝取り」について

緑化スタイルは、緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献、緑を増やして地球環境の向上を目指します。

緑化スタイル・セダムのお手入れについて

セダムのお手入れ方法

今月の屋上緑化メンテナンス

8月のメンテナンス

今月は「蒸れ防止」「除草・枯れ枝取り」にスポット当て、高温に負けない植栽管理を心がけましょう。

8月の気温と降雨の予想 気象庁HPより

8月の気温と降雨の予想 気象庁HPより〜平均気温 8月の気温と降雨の予想 気象庁HPより〜降水量

蒸れ防止

酷暑期間に以外と酷暑に強いはずのセダム緑化に枯損事故が発生することがあります。この現象はセダム緑化のもっとも怖い「蒸れ現象」です。

蒸れ現象は、降雨後に晴天となった場合に発生する「セダムが煮物状に枯れる現象」で、徒長気味に高密度で生育している緑化場所で発生しやすい特徴があります。

また、ヨーロッパ系品種は高温に弱い事から、酷暑だけでも株の中心よりドーナッツ状に枯れる現象が発生します。

8月の蒸れ防止対策

  • 枯れ枝の撤去
  • 散水は土壌温度の低い、早朝7時まで、もしくは日没後に実施します。
  • 排水を速やかに行う
  • ここだけはチェック!
  • 灌水装置のタイマーのセットは早朝7時まで、もしくは日没後になっていますが?
  • 灌水装置は正常ですか?
    確認箇所:電池の寿命、全面に灌水しているか、漏水していないかなど
  • 灌水タイマーのセットは「7月のメンテナンス」をご覧下さい

蒸れにより故損の発生した屋上緑化
蒸れにより故損の発生した屋上緑化

メキシコマンネングサ:徒長した株の中央部が蒸れた状態
メキシコマンネングサ:徒長した株の中央部が蒸れた状態

除草・枯れ枝取り

西洋種「白花マンネングサ、コーラルカーペット、パリダム」など白色の花を咲かせる品種の花枝を切り取りましょう。
西洋種は花枝が太い種が多く、むしり取ると元が傷つくので、ハサミで刈り取るのがよいでしょう

コーラルカーペットの花枝
コーラルカーペットの花枝

褐色になった花枝を切り取ります
褐色になった花枝を切り取ります

除草

夏雑草は成長が早く、乾燥に強いのでセダムを覆い生育を阻害します。また、種子も早くできるので発見したら早く抜き取りましょう

除草

除草

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせはメールフォーム・お電話(大阪06-6909-6755・東京03-3436-3801)で

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせメールフォームはこちらです。

緑化カタログのダウンロードはこちらです

緑化図面のダウンロードはこちらです。

屋上緑化助成金
個人向け緑化
施工事例

緑化スタイルの運営会社について

運営会社 大日化成株式会社

〒571-0030
大阪府門真市末広町8-13

TEL : 06-6909-6755
FAX : 06-6909-6702
info@ryokka.org

大日化成株式会社
グリーンルーフTV

COPYRIGHT(C)2008 屋上緑化専門サイト、緑化スタイル Altstarr Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
Maintenance by Altstarr Inc.