設計者から見た壁面緑化のポイント 必ず全面緑化できるか 露地植 登はん式緑化

home >> 設計者から見た壁面緑化のポイント >> 必ず全面緑化できるか 露地植 登はん式緑化

設計者から見た壁面緑化のポイント Vol.4

必ず全面緑化できるか 露地植 登はん式緑化

ワイヤーメッシュ・ネット・フェンス・ワイヤー式緑化

壁面緑化を計画する場合、設計で注意する点は、どの時点で目線高さ(H2000程度)まで緑化を達成するかではないでしょうか。

完成検査時点の緑化率の算定には、壁面緑化用植物の規格は「H500のポット苗」で満たせます。

2013年度に依頼される図面情報を集計しますと「H1,000ポット苗」が半数以上を占めています。

実際に壁面緑化植栽部に植物を植栽する場合、H500では壁面緑化資材に誘引することが出来ない場合があります。

植栽間隔は一般に200mmないしは250mm。植栽部幅は300mm以上、有効な土壌深さは、改良土深さとして300mm以上がら土、粘土質、埋立土の場合は、苦土石灰による中和と緩効性肥料を50g/u鋤き込む事

"巻き付き型植物の成長の特徴は上への伸長速度が、水平方向への伸長速度より早くなります。"

年1回春に誘引と選定作業をすることをお勧めします。

 

参照文献
東京都環境局都市地球環境部計画調整課
平成18 年3 月発行  環境資料第17101 号 壁面緑化ガイドライン

 

緑化スタイルへのお問い合わせはメールフォーム・お電話(大阪06-6909-6755・東京03-3436-3801)で

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせメールフォームはこちらです。

緑化カタログのダウンロードはこちらです

緑化図面のダウンロードはこちらです。

屋上緑化助成金
個人向け緑化
施工事例

緑化スタイルの運営会社について

運営会社 大日化成株式会社

〒571-0030
大阪府門真市末広町8-13

TEL : 06-6909-6755
FAX : 06-6909-6702
info@ryokka.org

大日化成株式会社
グリーンルーフTV

COPYRIGHT(C)2008 屋上緑化専門サイト、緑化スタイル Altstarr Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
Maintenance by Altstarr Inc.