屋上緑化、セダム緑化、壁面緑化などの緑化専門サイト【緑化スタイル】壁面緑化について

home >> 緑化 >> 壁面緑化 >> ヘデラ登ハンシステム >> 壁面緑化Q&A

緑化スタイルは、緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献、緑を増やして地球環境の向上を目指します。

ヘデラ登ハンシステム

壁面緑化Q&A

《ツルパワーパネル》Q&A

本当に壁面温度・輻射熱の低減されるのですか?

天然素材のヤシマットにより、設置時から自然な風合いをかもし出し、メッシュのみに比べて壁面温度及び輻射熱を低減します。

ツル植物の樹種選定はどうするのですか?

樹種は、常緑のヘデラ類を主体とすることで剪定管理を省力化できます。
壁面の高さが3m以上の場合は、ヘデラ類を基本種とし、生長が早い樹種を混植することをおすすめします。
地域の気候、壁面の向き(方角)、日当たり、風、及び管理の形態等のご要望に合わせ、適切な樹種の組合せをご提案しております。お気軽にご相談ください。

どんな肥料が適するのですか?

ツル植物を確実に生長させるためには、徐々に効き肥持ちが良い緩効性固形肥料が最適です。

誘引の方法はどのようにするのですか?

ツル植物を早期に登はんさせるには、
植栽時に補助資材(金網)への誘引結束が必須です。
結束材は、将来ツルが太くなることを考慮して分解する素材で、
軟らかい素材でゆるめに結束しましょう。

ツルの伸びを止めたいのですが・・・

ツル伸長防止板を使用下さい。
ツル植物の伸長方向をコントロールする資材です。
壁面緑化を行う際、剪定管理を省力化できるため、換気口や窓まわりでは必修アイテムです。

マルチング

見た目綺麗、乾燥防止して生育を促します
ツル植物を確実に活着・生長させるために、雑草防止、乾燥防止、土壌の飛散防止効果のあるマルチング材をお選びください。

自動潅水設備は設置する必要があるのですか?

緑化の失敗の半数以上は灌水管理にあります。
人工地盤上に植栽する場合や、雨が当たりづらい場所では、
自動潅水設備を設置することで、水やりなどの管理を低減できます。

成長が遅いのですが・・・

地植の場合、土壌の改良が必要です。
切り土、埋立地、宅地では、土性・pH・EC等の土壌調査をしましょう。

発根促進の仕方を教えてください。

苗木の発根を促進するために、腐熟堆肥・長期緩効肥料を配合しましょう。

壁面緑化は植物が壁面や躯体を傷めたり、悪影響を与えたりしないのですか?

様々なつる植物のなかで、巻きひげ、巻きつる、巻き葉柄、這性型つる植物はこういった問題を引き起こしませんが、壁面自体のメンテナンスは必要になります。

壁面緑化用植物の維持管理方法は?

つる植物は、誘引・剪定・灌水管理がとくに重要です。
また、人工地盤、コンテナ、プランター、壁面基盤等の植栽基盤の容量が限定される場合は、土壌の乾燥に留意し、灌水を適切に行なう必要があります。

発生しやすい病害虫とその対策は?

虫は発生する場合があります。
薬剤が可能です。
防除法は、問い合わせメールにて問い合わせ下さい。

方位により壁面に影響をおよぼすことはありますか?

壁面の方位(向き)により、壁面の受ける風力、温度、湿度、照度、日照時間、日射量などに相違があり、植物の種類により生育に影響を及ぼすことがあります。

壁面緑化設置時のポイントはありますか?

地面に植栽する場合
土壌の物性(pH,EC透水率など)や土壌硬度にも影響を受けるので、
必要な揚合は土壌改良をします。

プランターの場合
人工軽量土壌は、保水力や保肥力など、壁面緑化の目的、
管理程度などを考えた培土を選びます。

荷重負荷への配慮

プランターの容量は、緑化高さや緑化面積により決定されます。
設計の段階から、荷重計算を行い、固定部の強度が
壁面構造に合っているか検討する必要があります。

メンテナンス方法を教えてください。

メンテナンス作業は、工法によって異なり、設置箇所によっては、
設置環境の周囲の開き、設置の高さといった問題も発生するので、
工法の選択に当たっては、メンテナンスの程度を考えて設置する事が重要です。

「地上部」というのは壁面も含める事ができますか?

地上部には壁面は含まれません。

窓を壁面緑化が覆うと涼しさ・暗さは気になりますか?

葦簾より涼しいと感じます。暗さも思ったほど感じません。

《壁面緑化なんでもQ&A》

グリーンカーテンの効果はどれくらいあるのですか?

アサガオによるグリーンカーテンの効果を、神奈川県県庁新庁舎2階バルコニーの一部に木製プランター及びネットを設置されたグリーンカーテンの内側及び非緑化部分と、気温・建屋壁面温度等を測定結果から、温度低下効果を紹介します。

アサガオは、壁面の24〜33%を覆い、建物に届く直射日光の44〜65%を遮りました。  その結果、県庁舎の壁面温度は、日差しの強い11時〜15時の平均で5.0℃、最大6.8℃低下しました。  壁面温度の画像を見ると、グリーンカーテンの下の壁は、むき出しの壁に比べて温度が低い様子がわかります。


窓を壁面緑化が覆うと涼しさ?暗さは気になりますか?

葦簾(あしすだれ)より涼しいと感じます。暗さも思ったほど感じません。

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせはメールフォーム・お電話(大阪06-6909-6755・東京03-3436-3801)で

ページトップへ

緑化スタイルへのお問い合わせメールフォームはこちらです。

緑化カタログのダウンロードはこちらです

緑化図面のダウンロードはこちらです。

屋上緑化助成金
個人向け緑化
施工事例

緑化スタイルの運営会社について

運営会社 大日化成株式会社

〒571-0030
大阪府門真市末広町8-13

TEL : 06-6909-6755
FAX : 06-6909-6702
info@ryokka.org

大日化成株式会社
グリーンルーフTV

COPYRIGHT(C)2008 屋上緑化専門サイト、緑化スタイル Altstarr Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
Maintenance by Altstarr Inc.